最高の日にするため

結婚式場

2人の新たな門出の日になる結婚式、みんなに見てもらうために準備をする必要があります。料理、余興、スピーチのお願いと大変ではありますが、当日に向けてプランナーの人と話し合いをします。しかし、その内容も重要ですが、やはり結婚式場は立地も非常に重要になるのではないでしょうか。アクセスが不便な場所では少々ゲストの方に迷惑がかかってしまいます。地元の人で結婚となれば、やはり地元の式場で探せばいいですが、他県どうしの結婚だとやはり中間地を取るべきです。今回は、名古屋で行う場合の話をすると、遠方からのアクセスは非常に良く、新幹線や地下鉄も通っているため、行きやすいのが特徴で時間まで暇を持て余した場合近くに喫茶店などもあるため便利です。

華やかと勘違いされがち

名古屋の結婚式と言えばゴージャス、煌びやかと言った光っているイメージを持たれる事があります。確かに、結婚式にはお金を使う印象を受けますが、それは行う人が100人いる様に式の雰囲気も様々です。ゲスト中心の式にし飽きさせない方法を取るのか、一生に一度の結婚式のため自分たちのやりたい事を詰め込むのかは、行う人の価値観で成り立つためです。結婚式場のプランナーに要望を伝えるとこんな感じで進行して行けば良いですと提案が出来ます。歓談を多くしてゲストと触れ合いたい、余興が多いため時間を割きたいと言った内容を伝えます。比較的自由に何でも組み込めるため、話し合う回数は多くなっていきます。

何が一番の目的か

話し合いが進んでいく中で限られた時間で式を取り仕切らなければなりません。そのために、これ以上は難しいと言われてしまう可能性もあります。その時には取捨選択を迫られる事でしょう。進行の方法を決めるのも重要では有りますが、やはりゲストの人たちの楽しみの一つと言えば料理ではないでしょうか。出てくる料理が美しく綺麗であり美味であれば、それだけでゲストの人たちは満足します。名古屋の結婚式場はハイクラスな式場もあり立ち振る舞いも丁寧なため、どれも一級品になります。また、思い出と言った話をすると観光地があるため、その場所で式などを行うと10年後、20年後も通う事が出来るため記念日には食事をする事も可能になってきます。それは二人の歩んだ歴史を風化させないと言った事もあり、初心を振り返る事にもなります。こうした中で様々な特徴があり場所、内容、雰囲気、何を重きに置くのかは人それぞれ違うため情報を集める必要があります。

広告募集中