HOME>オススメ情報>招待客と楽しめるような会場選びが最大のポイント

不要なところをカット

新郎新婦

名古屋にて式を挙げたいけれど、その後の新婚生活も考えて費用を節約したい、こうしたカップルも少なくないようです。費用を優先させた結婚式場を選ぶのならば、お金のかけ方に基準をおかなければなりません。できる限り、招待客の人数を減らすことは避けたいものですし、式場の規模も縮小できません。だからこそ、衣装や演出など、思い切ったカットが効果的です。2人を主役として豪華に魅せたいのならば衣装や装飾に、おもてなしにこだわりたいのなら、料理や引き出物にお金をかけましょう。それ以外で控えめにする、たったそれだけで予算内に収まります。また、意外に夏シーズンは人気の高い結婚式場でも空きがあります。お盆月で暑い8月の結婚式は安い、というのは暗黙の常識ですが、室内は冷房も利いていますし、サマーウエディングは近年人気があります。こうした常識の裏をつくのもポイントです。

2度3度と披露できる

新郎新婦

名古屋にて結婚式を挙げるつもりならば、専門の結婚式場だけでなく、様々な会場のサービスを知りましょう。名古屋に住んでいても、互いの出身地が遠いために中間地点で式を挙げたい、こうした希望もあるでしょう。新居の紹介も兼ねて名古屋でするのが理想ですが、全国展開する結婚式場もあります。互いの出身地で2回するカップルも実際に増えているので、そうしたバックアップしてくれるサービスは魅力です。チェーン展開していれば、1回目の式のデータ(情報)をそのまま2回目に引き継ぐことができます。携わるブライダルスタッフこそ違いますが、おもてなしはどこの地域でも変わらずハイクオリティです。

式場選びからプロデュース

新郎新婦

名古屋の地も流行りに敏感で、結婚式場の仕組みも様変わりしています。これまでは結婚した諸先輩(親)の意見や、実際に挙げた同じ式場で挙げることが多かったものの、名古屋らしさやならではの会場を選んでいるようです。ブライダルプロデュース会社も存在し、遊園地や水族館などを貸し切るサービスも展開されています。形式にとらわれずに招待客と楽しみたい、そうしたニーズの高まりから、段取り全てをプロデュース会社が担う仕組みです。

広告募集中